隅々まで拘れるデザイン住宅が人気爆発中!

住宅建設に制限の多い街

女性

あえて築古物件を狙う

関東地方有数の観光地の鎌倉は、三方を山に囲まれ一方は海という豊かな自然に囲まれ、多くの文人も別荘を構えたハイセンスな街です。現代でも鎌倉は自然環境を保護する人が多く、行政も古民家や緑を残そうと風致地区を定めて、建物の高さや広さを制限したり、敷地内に一定以上の緑を配置しなければいけなくなっています。法律による制限があるため、鎌倉では高層マンションの建設が難しく、新築の一戸建てを建設する場合も制限が大きいため、中古一戸建ての売買が盛んです。鎌倉に住みたいという人が多いけれども、中古一戸建ての供給が少ないため、中古市場のコストも高めです。鎌倉で時に築年数が古い建物が格安で売りに出ていることがあります。このような中古一戸建て住宅は風致地区にあるため新築や建て替えが出来ないため安く売りに出されています。しかし、リフォームをすることは可能なので、鎌倉にステータスを感じている人にとって狙い目の物件になっています。鎌倉の中古一戸建ての中には昭和初期から残る物件もあり、住人の高齢化が進んでいることによって、空き家になっていたり、手放す物件も増えています。いわゆる古民家と呼ばれる中古一戸建ての外観は残し、緑を豊かにして、内部を現代生活にあわせてリフォームを行って生活する鎌倉スタイルが定着してきました。古民家を見事にリフォームして、モダンな見た目と暮らしやすい設備を共有した住宅がリフォーム会社のホームページにも多く載っています。鎌倉スタイルを実現してくれるリフォーム会社を見つけて理想の住宅を作りだして下さい。